「ラグビーW杯・準々決勝、日本3−26南アフリカ」(20日、味の素スタジアム)日本(世界ランキング6位)は後半力尽きて、優勝2回を誇る南アフリカ(同4位)に屈し、初のベスト4入りはならなかった

1Egg ★2019/10/21(月) 08:51:14.77ID:uxT1wjeZ9 「ラグビーW杯・準々決勝、日本3−26南アフリカ」(20日、味の素スタジアム)

 日本(世界ランキング6位)は後半力尽きて、優勝2回を誇る南アフリカ(同4位)に屈し、初のベスト4入りはならなかった。

 史上初の8強を果たし、日本国民が夢を見た熱い戦いが終わった。この日、試合を中継したNHKではラグビーの名実況でおなじみの豊原謙二郎アナウンサーは「プラスの意味で、(ラグビーの)にわかファンと呼ばれる人達が生まれた、これは大きなことですね」と、日本ラグビー界にとっての“収穫”を表現。元日本代表五郎丸歩も同調し、「そうですね。ファンもそうですが、ボランティアの方、地域の方、ラグビーに縁のなかった方達がラグビーに携わって盛り上がってくれたこと。本当に感謝したいと思います」と述べた。

 このやり取りが反響を呼び、ネットでは試合終了直後から「にわかファン」のフレーズが急上昇。「ラグビーにわかファンです。こんなにすごい競技だと思わなかった」、「本当にお疲れ様でした。にわかファンでしたが、これからもラグビー応援したいと思います」、「にわかファンですが、いつか生で見たいです」などとつづられた。

 選手たちにもその思いはあるようで、リーチ主将は試合後にグラウンドで円陣を組み、仲間を鼓舞。「胸を張って。キャプテンとして誇りに思っている。今後の姿を見せることが大事だ」と、メッセージを送った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191020-00000138-dal-spo

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191020-00000138-dal-000-10-view.jpg